PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON2

PUBG MOBILE

今シーズンも上位をキープ!抜群の安定感を見せる「Lag Gaming」チームインタビュー

ARTICLE

 2021.10.23

「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE」(以下、PMJL)に出場するチームや選手の魅力を伝える連載企画「BLUE ZONE」。「PMJL SEASON1」でトップを争ったチームにフォーカスしたインタビューをお届けします。

  

今回は、Phase1を総合4位で終えた「Lag Gaming」にインタビュー。これまでの大会でも上位の結果を残し続け、今シーズンも上位争いに食い込む「Lag Gaming」。上位をキープする安定感の理由などについて聞いていきます。

リーダー・Andon(アンドン)選手

Howl(ハウル)選手

mizuki(ミヅキ)選手

MayuC  (マユシ)選手

SILK(シルク)選手

総合4位で終えた、前半戦Phase1を振り返って

――まずは、Phase1の結果や試合内容について、振り返っていかがですか?

 

Howl:

Phase1は総合4位と、順位としては良くも悪くもない結果でした。でも、自分たちにとっては反省が多く、あまり良かったと言える内容ではありませんでした。なかなか最後まで4人生存で生き残ることができなかったので改善していきたいです。

 

mizuki:

なくせるミスで、ポイントを稼げなかった試合が多かったです。

 

Andon:

Phase1の序盤は順位が良くなかったのですが、それ以降は安定した順位を維持することができました。とはいえ、中にはあまり成績が振るわなかった日もあって、波があったのが良くなかったなと思います。

 

MayuC:

Phase1ではチームで内容を振り返り、自分たちの何がダメだったかをしっかりと把握することができました。Phase2に活かせる、実りのある経験ができたと思います。

 

SILK:

自分は主にリザーブで、Phase1は1日だけ出場しました。現状、総合1位とのポイント差が開いてしまったので、Phase2ではそれを追い越し、総合1位を取れるように頑張りたいです。

 

――Phase1を通して、チームとして上手くいっていた部分について教えてください。

 

Howl:

残り1人になっても長く生存して、可能な限りポイントに繋げることができたところです。

 

mizuki:

大きくコケることがなく、あまり調子が良くなかった日でも、それなりにポイントを稼げたのが良かったと思います。

 

Andon:

前シーズンの「PMJL SEASON 0」から同じメンバーで出場しているので、チームでやりたいムーブの連携が取れていて、皆がちゃんと同じ目的に向かってプレイできていたと思います。

――冒頭で触れていただいた以外にも、Phase1で課題を感じた部分はありましたか?

 

Andon:

思い切りが足りなかったですね。なので、安全地帯が大きく外れてしまった時に、安全地帯の外で回復しながら耐えて、なんとか順位だけでも伸ばすというような、詰んだ状況になってしまうことが多かったです。

 

MayuC:

日頃の練習ではできていても、試合中の声掛けなど、細かなところで本番だとできていないことが多くありました。

 

SILK:

試合中のチーム内での情報共有と、あとは敵を倒し切らなければならない場面でのファイト力が課題になっていたと思います。

上位をキープする「Lag Gaming」、安定感の理由は?

――「Lag Gaming」は、これまでの大会でも常に上位の結果を残してきています。上位をキープする安定感の理由は、どんなところにあるのでしょうか?

 

Andon:

例えば「REJECT」のように、スプリット(※)して広くポジションを確保するチームと比べると、「Lag Gaming」はセーフティな選択肢を多く取ってきました。タイミングを見て4人で攻めていく戦い方をしていたので、そういった面で順位が安定しやすかったのかなと思います。

 

※チームで人数を分け、複数のポジションを取ること。人数が分散するため接敵した際のリスクが大きくなるが、周囲の情報を得たり移動の選択肢を増やしたりできるメリットがある。

 

――オフシーズン中、チームではどんなことを意識して練習してきましたか?

 

Andon:

上位チームの多くは、いろいろな状況に対応できるように広くポジションを取り、個々の力をぶつけて戦ってきます。ですが、僕たちはあまりそういった戦い方ができていませんでした。なので、スプリットを含め、できるだけ広くポジションを取る戦い方を意識して練習してきました。

 

Howl:

今までは正面から人数で圧をかけるファイトが多かったですが、オフシーズン中は、展開してカバーの射線を通すような戦い方も多く練習してきました。

 

――他にも、個人の練習で意識してきたことがあれば教えてください。

 

mizuki:

近距離から遠距離まで、エイムを強化してきました。例えば、射撃場で遠くの標的に、最初の数十発をきれいに当てる練習をしたりとか。どの倍率のスコープを付けていても正確に当てられるように、使うスコープはすべて練習しています。

 

MayuC:

ファイト中、自分のことに集中しすぎて味方への報告が減ってしまうので、しっかり味方への声掛けをしながら戦えるように意識して練習してきました。

 

SILK:

自分もファイト中の声掛けや情報共有を、いかに味方に伝わりやすくできるかを意識して練習してきました。

Phase2で必ず追い抜きたい、上位3チームへの意識

――現在の総合ランキングで「Lag Gaming」よりも上位にいるチームに対して意識することはありますか?

 

Andon:

総合1位の「REJECT」は群を抜いて強く、かつ試合中に接敵しやすいチームなので意識しています。特にPhase1序盤の頃は、4試合のうち3試合「REJECT」に倒されてしまう日もあったくらい。なので、普段のスクリムから「REJECT」の動き方を把握して、上手く対応できるようにしています。

 

上位チームの良いところを盗みつつ、さらに自分たちの良いところも伸ばして、総合2位の「SCARZ」も総合3位の「Sengoku Gaming」も、Phase2では必ず追い抜きたいです。

 

――順位に関係なく、他にも意識するチームがいれば教えてください。

 

mizuki:

「BC SWELL」がオフシーズン中のスクリムで、スプリットを活かした盤面コントロールで良い成績を残しているので、Phase2では注視しています。

 

Howl:

「BC SWELL」は、安全地帯の端からの圧のかけ方もすごく上手くなっていて。オフシーズン中のスクリムでは、安全地帯の端から来た「BC SWELL」と、内側にいるチームに挟まれて倒されてしまう場面が何度かあったので、そういうところも警戒しています。

チームの雰囲気を感じられる、深夜スクリム配信にも注目

――Phase2の試合を観る上で、ぜひ注目してほしいポイントがあれば教えてください。

 

Howl:

オフシーズンの間に練習してきた、スプリットをして周囲の情報を取っていくムーブに注目してほしいです。

 

mizuki:

エイムを強化したので、たくさんキルを取ります!

 

Andon:

そこなんだ(笑)。Phase2では、オーダーがHowlからmizukiに変わります。今までとは全然スピード感が違っていて、僕らも最初はmizukiの速さに着いて行けなかったほど。それくらいムーブが変化しているので、Phase1とは違った動きを見せられると思います。

 

SILK:

クラッチプレイをお見せできるように、頑張ります!

――試合以外にも、注目してほしい活動などがあれば教えてください。

 

MayuC:

僕たちは普段、20時もしくは21時~24時頃までのスクリム(練習試合)と、24時~3時頃までの深夜スクリムに出ています。このうち、深夜スクリムはよく配信しているので、ムーブや戦い方などを見てもらえる良い機会になるかなと。

 

それに、シーズンオフの期間限定にはなりますが、深夜スクリムは皆リラックスしておしゃべりしながらプレイしているので、「Lag Gaming」らしいチームの雰囲気も感じてもらえると思います。僕だけでなく、他のメンバーも配信しているので、ぜひ観に来ていただけると嬉しいです。

 

 

配信チャンネル(YouTube)

Andon:https://www.youtube.com/channel/UCWed-T1vO_cG-yOvPEEoFkA

Howl:https://www.youtube.com/channel/UCoEmVPTQ_dgiLGCy1ISh7wg

mizuki:https://www.youtube.com/channel/UCI_ThVVENi5G_6ca241PQDA
MayuC:https://www.youtube.com/channel/UCUs_JcWEOMXgOPhWBuZ_T4w

SILK:https://www.youtube.com/channel/UC1EvPWVp54mSirEkWKcZy9w