PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON2

PUBG MOBILE

全員がエース!圧倒的な火力で挑む「CYCLOPS athlete gaming」チームインタビュー

ARTICLE

 2021.02.26

「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE」(以下、PMJL)に出場するチームや選手の魅力を伝える連載企画「BLUE ZONE」では、「PMJL SEASON1」に出場する全16チームへのインタビューを、順にお届けしていきます。

  

第5回は、PUBG MOBILE部門が新たに設立された「CYCLOPS athlete gaming」(CAG)にインタビュー。PC版『PUBG』での選手経験を持つプレイヤーやコーチによるサポートを活かし、今シーズンの「PMJL SEASON1」を戦います。

それぞれのチームから集まった4人と、秘密兵器!?

――まず最初に、ゲーム内での役割を含めて自己紹介をお願いします。

 

PsC:

リーダーのPsC(ペスカ)です。オーダーとサポートを務めています。

 

4ever:

4ever(フォーエバー)です。サブオーダー兼アタッカーをしています。

 

CieL:

CieL(シエル)です。カバーをしています。

 

chanU:

chanU(チャンユウ)です。チーム内では、アタッカーとアイドルをやっています。かわいい担当です。

 

Kimari--Ronzo:

Kimari--Ronzo(キマリロンゾ)です。PC版『PUBG』で選手をやっていました。リザーブなので、メインメンバーが試合に出られないタイミングがあれば、僕が秘密兵器として出場します。試合に出る際は、PC版と変わらずサポートの役割を務めます。

 

――「CAG」は新たに始動するチームですが、現在のメンバーが集まった経緯を教えていただけますか?

 

PsC:

前シーズンの「PMJL SEASON 0」には、それぞれバラバラのチームで出場していました。前シーズンが終了した後、「Brain Juice」というチームに、自分とchanUとCieLの3人が加入して、そのメンバーが現在の「CAG」になっています。

 

さらにその後、僕の推薦で4everが加入しました。もともとあまり交流があったわけではないのですが、尊敬するプレイヤーだったので声を掛けました。

火力の高さ、そしてオーダー経験者の多さが強み

――「CAG」はチームとして、どのような特徴を持つチームですか?

 

PsC:

自分としては、「PMJL SEASON1」に参加するチームの中で、トップレベルに火力が高いチームだと考えています。”やる時はやる”という感じで試合中の雰囲気も良いですし、お互いに刺激し合って、良い環境でレベルアップできています。

 

CieL:

メンバー全員が「PMJL SEASON1」に掛ける思いが強い分、スクリムではスイッチが入るとみんな怖いです(笑)。それくらい真剣にやれていて、楽しいです。

 

4ever:

メンバーの中に、もともとオーダーをやっていた選手が多く、自分とPsCとCieLの3人がオーダー経験者です。オーダーが複数いることで選択肢も増えて、さらには火力もあるチームなので、本番でも良い動きができると思います。

 

Kimari--Ronzo:

明るく楽しく、元気に。その中にプロらしく、引き締めるところは引き締める、という感じで、常に良い雰囲気を保てています。試合中に雰囲気が悪くなることもないですね。試合が終わってからのフィードバックでは、ダメだった部分はしっかり指摘し合って、メリハリのあるチームだと思います。

 

chanU:

楽しく頑張ってます!

 

――チームの中で、ぜひ注目してほしいエース選手を挙げるとしたら誰でしょうか?

 

Kimari--Ronzo:

気持ち的にはね、僕なんですけど(笑)。

 

一同:

(笑)

 

EveRyn(コーチ):

全員がエースです。1人でも状況を打開できる力を持った選手が揃っています。

 

――コーチを含め、チームを支える体制についても教えてください。

 

Kimari--Ronzo:

「CAG」には、PUBG部門とPUBG MOBILE部門でそれぞれチームがあり、PC版『PUBG』のチームで選手としても活躍しているEveRyn(イブリン)が、PUBG MOBILE部門でコーチを務めています。

 

PUBG部門の方では、新たに韓国の元プロ選手がコーチとして加わっているので、そのノウハウもEveRynを通じて、PUBG MOBILE部門に伝えていきます。僕自身は、PC版とモバイル版の両方をプレイしているので、その違いを踏まえて話していけるかなと思っています。

 

――コーチのEveRynさん目線で、このチームの「ここに注目してほしい」というポイントがあれば教えてください。

 

EveRyn:

メンバーが言っていた通り、やはり戦闘における火力の高さには、ぜひ注目していただきたいですね。あと、Kimari--Ronzoがいることによって、PC版『PUBG』での知識もしっかり伝えていけるので、より戦術性の高い、頭を使ったファイトの強さを見せていけると思います。

前シーズンでのそれぞれの経験を活かし、今シーズンへ

――前シーズンの「PMJL SEASON0」の結果や内容を踏まえて、今シーズンをどのように戦っていきたいと考えていますか?

 

4ever:

「PMJL SEASON 0」では、練習不足ということもあって、GROUP STAGEで敗退という悔しい結果に終わってしまいました。今回、「PMJL SEASON1」に出場する機会をいただいたので、メンバー全員で協力しながら、チームでの連携力を高めていきたいと思います。

 

CieL:

前シーズンでは、自分たちはSEMI FINALで敗退してしまったのですが、そこですごく感じたのが、オーダーに頼りすぎていたこと。その結果として、選択肢が少なくなってしまい、オーダーの考えが通用しなければ終わりという状況になっていました。このチームは全員がそれぞれ意見を出せるので、それを活かせば結果に繋がる自信があります。

 

PsC:

自分は前シーズン「Esterku」というチームでGRAND FINALまで進み、DAY1終了時点では総合2位だったのですが、DAY2では安定したポイントを求めてファイトを避け、結果的には総合順位を落としてしまいました。

 

今のチームは、もちろん戦闘における火力もありますし、まだまだですが良い判断もできていると思うので、もっとレベルアップして、火力とムーブの両方で安定した順位を取れるチームになっていきたいです。

 

chanU:

前シーズンは、SEMI FINALで敗退してしまいました。ファイトの時に味方に頼りすぎてしまうところが個人の課題だったので、自分なりに考えて味方に情報共有できるように、意識して頑張っていきたいと思います。

 

Kimari--Ronzo:

僕は、今シーズンが初参戦になります。とにかく大会ではビビらずに、”持ってる”と言われるようなプレイを本番でやってやろうという気持ちを忘れずに、思い切って挑みたいと思います。

日中は個人練習、夜はスクリムと反省会

――普段チームで行っている練習スケジュールについて教えてください。

 

PsC:

基本的に日中は個人練習で、チームとしては夜のスクリムに出て、その後に反省会をしています。さらにその後は、深夜にあるスクリムに出たり、配信者の方が開くカスタムルームに参加したりしています。

 

反省会では、チームの反省だけでなく個人の反省もまとめて、Discordに貼って全員で共有できるようにしています。

 

――コーチからのフィードバックを受けながらの練習は初めてだと思いますが、いかがですか?

 

PsC:

とても勉強になるんですけど、ちょっと怖いです(笑)。

 

EveRyn:

いやいや、全然そんなことはないです(笑)。もともと声のトーンが低いので、きっとそのせいだと思います。

 

――チーム練習以外では、それぞれ皆さんどのような個人練習をされていますか?

 

4ever:

訓練所に動く標的が実装されたので、それに向かってエイム練習をしたり、キャラクターコントロールの練習をしたり、それを日々怠らずに続けています。

 

CieL:

4対4で戦う「TDM(チームデスマッチ)」というモードを繰り返しプレイして、撃ち合いやキャラコンをひたすら練習しています。

 

PsC:

自分は以前までiPadでプレイしていたのですが、今シーズンから大会での使用端末がスマホのみになりました。なので、以前からスマホを使っているプレイヤーの動画や、チームメイトのCieLや4everが出しているスマホでの解説動画を参考にしながら、訓練所やCLASSICモードで実践して端末慣れをしています。

 

スマホだと画面が小さくなるので、使う指を6本から5本に減らしたのですが、iPadの時と変わらないキャラコンを目指して練習しています。

 

chanU:

『PUBG MOBILE』公式パートナーの配信者の方が、毎日カスタムルームを開いてくださっているので、そういうところに参加して、試合の量をたくさん経験できるように練習しています。

 

Kimari--Ronzo:

訓練所に入って、「大会でこんなプレイをしたい」とか「こんなプレイができたら目立つだろうな」とか、大会本番に向けてのイメージを持ちながら練習するようにしています。

尊敬する選手も仲が良い選手も、大会では負けたくない相手

――皆さんが意識するチームや選手がいれば教えてください。

 

PsC:

自分が意識するチームは、いつもスクリムで良い結果を出している「SCARZ」と、16チームの中でもトップレベルの火力を誇る「FOR7」です。

 

CieL:

僕が意識するのは、「SCARZ」のNaoto(ナオト)選手です。もともと自分が尊敬している選手なのですが、大会では敵として戦うことになるので、積極的に挑んでいきたいと思っています。

 

4ever:

「AQUOS DetonatioN Violet」のE(イー)選手ですね。彼とは仲が良いだけあって、絶対に負けたくないという気持ちがあります。

 

chanU:

「FOR7」のMorizou(モリゾウ)選手です。昔からよく配信を見ている好きな選手なので、負けずに頑張りたいです。

メンバーの個性が垣間見える?最近のマイブーム

――皆さんの最近のマイブームを教えてください。

 

chanU:

YouTubeで動画を見るのにハマっています。

 

PsC:

僕は最近、ダーツにハマっています。個人的には、ダーツをしていると集中力が上がる気がします。

 

CieL:

自分はここ2年くらいアイドルが好きで、いつも元気をもらっています。

 

4ever:

自分はお風呂に浸かりながら音楽を流して、コーヒーを飲むのが最近のマイブームです。

 

Kimari--Ronzo:

小さい頃に集めていたプロ野球チップスのカードを、最近また集め始めていて。野球選手のいろんな写真がカードになっているんですけど、それを1枚1枚重ねて物語を作るのがマイブームです。

「CAG」こそが日本一のチームだと証明したい

――それでは最後に、「PMJL SEASON1」への意気込みをお願いします。

 

Kimari--Ronzo:

出場している選手たちの試合間のメンタル面を支えるべく、ベンチワークとして少しでも力になれたらと思っています。そして、試合に出ることがあれば、いつでも万全の状態で出られるように、肩を温めておきたいと思います。

 

4ever:

自分は『PUBG MOBILE』の公式大会に初期の頃から出場しているのですが、目標はずっと変わらず、世界大会に行って活躍すること。なので、それを叶えるために、まずは国内での優勝を目標に掲げて、全力で大会に臨みます。

 

CieL:

最初から全力で挑みます。勢いに乗って、そのまま走り抜けたいと思います。

 

PsC:

このような大きな舞台に立たせていただける、今の環境に感謝しています。「CAG」こそが日本一のチームだということを証明して、世界大会に行きたいと思います。

 

chanU:

絶対に日本一になります。頑張るぞー!おー!

 

――「CYCLOPS athlete gaming」の皆さん、ありがとうございました!

 

取材・文:綾本ゆかり