Rainbow Six Japan League 2022

Rainbow Six Siege

『レインボーシックス シージ』の国内トップリーグ“Rainbow Six Japan League 2021”が開幕!

ARTICLE

 2021.03.16

  

1.『レインボーシックス シージ』の国内トップリーグ“Rainbow Six Japan League 2021”が開幕!

2015年に発売された『レインボーシックス シージ』(以下、シージ)は6年目を迎えて、プレイ人数は国内で累計200万人も突破している大人気ゲームです。

 

eスポーツでは昨年開催された国内王者を決定する大会“Rainbow Six Japan Championship 2020”などを中心に大きな盛り上がりを見せ、いよいよ3月13日から8チームのプロチームによって行われる国内トップリーグ“Rainbow Six Japan League 2021”がスタートします。

 

本リーグは国内eスポーツシーンにおいて過去最大規模となっており、見どころ満載の大会になることは間違いなし! これまで『シージ』の競技シーンを追っていた人だけではなく、新たに見始めようという方もいるのではないでしょうか?

 

新しく見始めようという人の中には、『シージ』の観戦には興味はあるけど見方がわからない、以前大会を見ていたけど面白さがわからなかったという人もいるかと思います。「国内リーグが始まるこの機会に見始めたい!」という方向けに、今回は『シージ』観戦の見どころを紹介しちゃいます。

 

2.レインボーシックス シージの観戦は覚えることが多くて難しい?

そもそも、『シージ』は “屋内戦による立体的なマップ構造”や“50名を超えるさまざまなオペレーター”など覚える要素が多い点や、素早い試合展開によってすべての行動を追うことが難しいため、「何が起きているのかがわからない」、「どうして勝っているのかがわからない」といった、勝因や状況把握が難しいと感じることでしょう。では、これらを全部理解していないと観戦はおもしろくないのでしょうか?

 

いえ、決してそのようなことはありません!

 

観戦では“盛り上がるポイント”さえ知っていれば楽しめるんです。では、『シージ』においての盛り上がるポイントとは何でしょうか?

 

例えばサッカーの観戦では得点が決まるシーンやシュートをゴールキーパーが止めるシーンは盛り上がりますよね? このような盛り上がるポイントは共通して、勝敗に大きな影響を与えるシーンです。つまり、『シージ』観戦も勝敗につながるプレイというものを把握しておくことで楽しむことができちゃうんです。

 

今回は基本的なルールから勝敗につながる『シージ』ならではの盛り上がりのポイントについて紹介します。これらを知ることで、
「これから『シージ』観戦を始めたい!」という人や「ふだん『シージ』を遊ぶけど、観戦の敷居が高そうだから……」と敬遠していた人たちも、観戦を楽しむ第一歩になるはずです。

 

3. 基本的なルールと勝利条件

●ルールについて
まず基本的なルールと勝利条件について解説します。シージは建物に仕掛けられた爆弾を解除しに突入する攻撃陣営とそれを阻止する防衛陣営の2つの陣営に分かれて戦う5vs5のFPSゲームです。Rainbow Six Japan Leagueでは、7つのマップから3つのマップで競います。そのうち、2つのマップで勝利すると、その試合の勝者になります。1つのマップでは各チーム攻撃と防衛を6ラウンドずつ連続で行い、先に7ラウンド先取したチームがそのマップの勝者となります。互いに6ラウンドずつ獲得した場合は2ラウンド先取の延長戦へ突入します。

 

 

●攻撃陣営の勝利条件
建物内には2ヵ所爆弾が設置されており、攻撃陣営はそのどちらかの爆弾解除を目指します。以下のふたつの勝利条件のうちどちらかを満たすことでラウンドを獲得できます。


1、相手陣営の殲滅
2、ディフューザーを防衛拠点へ設置して爆弾解除に成功する。


攻撃陣営は、相手陣営の5人を倒すか、ディフューザーと呼ばれる爆弾解除を行うジャミング装置を爆弾が設置されている部屋に設置し爆弾解除までの一定時間ディフューザーを守ることでラウンド獲得となります。

 

 

●防衛側の勝利条件
防衛陣営は以下の3つの勝利条件のうちひとつを達成することでラウンドを獲得できます。


1、相手陣営の殲滅
2、時間切れ(時間内に誰か1人でも生き延びている)
3、設置されたディフューザーを解除する


防衛陣営でも攻撃陣営と同様に相手陣営を全員倒すことでラウンド獲得ができます。しかし、攻撃陣営にディフューザーを設置された場合は、一定時間内に解除できないと敗北になってしまいます。

 

↑ディフューザーの設置中は画面右下のように黄色いゲージが出現する。

 

4. シージの盛り上がるポイントについて知ろう

●勝利につながるポイント
続いて勝利につながるポイントを解説します。これらを抑えておくことで、観戦の盛り上がりのポイントを把握できちゃいます。今回は、紹介するのは『シージ』においてもっとも重要な“キル”、“ガジェット”、“ディフューザー設置”の3つのポイントです。まずはこの勝利につながる大切なポイントに注目していきましょう。

 

1、【キル】敵を倒して人数を有利に!
敵を倒すプレイであるキルシーンは、FPSでもっともわかりやすく大切なポイント。どちらの陣営においても勝利条件に殲滅があるように、相手チームのプレイヤーをキルすることは勝利条件にグッと近づきます。また、人数差を作ることは試合を有利に運ぶうえでとても大切なんです! 『シージ』ではプレイヤー1人が見られる場所は、基本的には1カ所となっていて、同時に2カ所の敵を攻撃することはできません。つまり、人数的に有利な状況を作り上げることで、基本的にはラウンド奪取につながりやすくなるのです! 

 

注目ポイント
ファーストキル(オープニングキル)
ラウンドでの最初のキルをファーストキルと呼びます。ファーストキルが取れれば人数有利な状況が作れるので、ラウンドの勝敗を大きく左右します。そのため、試合開始からファーストキルまでは緊迫した展開が続くはずです。ぜひ見逃さずに注目したいですね。

 

↑リスポーンキルと呼ばれる攻撃陣営の出撃地点を狙った動き。

 

 

注目ポイント
クラッチプレイ
1対多数という劣勢の状態から逆転勝利するプレイのことを指します。通常は人数で負けていると不利なんですが、その状況ではスーパープレイが見られるポイントでもあります。

人数不利な状況からのダブルキルなど、最後の最後まで勝負の行方はわかりません!

 

↑Rainbow Six Japan Championship 2020にて、CYCLOPS athlete gaming VS Sengoku

 

 

Gamingで繰り広げられたCandy選手による相手の裏をかいた素晴らしいクラッチプレイ。
ディフューザー設置中の選手を倒すことでラウンド獲得につなげました。

 

↑キルログと呼ばれる“誰が”“どのように”“誰を倒した”という記録が画面右端に流れます。

 

 

まずは、キルログを追うことを覚えると状況把握しやすいですね。

 

↑1人のプレイヤーが同じラウンド内で複数人のプレイヤーを倒すことは凄いことです。2人倒すとダブルキル、3人でトリプルキル、4人でクアッドキル、5人でエースといいます。

 

 

2、【ガジェット】有利な状況の構築!
先ほどキルシーンは重要という話をしましたが、キルシーンにつながる大事な要素としてガジェットでの駆け引きがあります。撃ち合いの勝敗はエイムの精度の高さで決まると思われがちですが、実際は撃ち合うまでの過程で決まるといっても過言ではありません! 
『シージ』ではカメラやドローンを使うことで相手の位置情報を得ることや壁や床を破壊して有利な射線を作ることで、それまで狙えなかった敵を狙ったりすることができます。正面での撃ち合いのようなどちらが勝つのかわからない状況での撃ち合いは避け、複数の射線やガジェットを用いて有利な状況を作っていく過程があることを覚えておきましょう。


注目ポイント
ハードブリーチャー
ハードブリーチャーとは防衛側が補強した壁やハッチを破壊できるガジェットを持つオペレーターのこと。具体的にはTHERMITEやHIBANA、MAVERICK、ACEなどです。これらのオペレーターは補強された壁を破壊することができちゃいます。攻撃陣営としては、防衛拠点に対して新たな侵入口や射線が作れるんです! 防衛陣営は注意すべき場所が増えるぶん守りにくくなります。そのため、ラウンド内でハードブリーチが成功しているかどうかという点は、攻撃陣営の進行が順調かどうかの目安になるので是非注目してみましょう。

 

↑オペレーター“Maverick”による攻撃陣営の射線を増やす動き。このように攻撃陣営は防衛拠点に対して新たな射線を作り出すことができます。

 

 

3、【ディフューザー設置】終盤の激しい攻防に目が離せない!
ラウンドの勝敗を決定づけるもっとも大切な要素がディフューザーの設置。攻撃陣営としては、ディフューザーを設置することで大きく勝利に近づきます。逆に防衛陣営としては、ディフューザーを設置されてしまうと苦しい展開となってしまうのがセオリー。そのため、ディフューザーの設置が行われるときには激しい撃ち合いやガジェットでの駆け引きが発生しやすいんです。攻撃陣営は、どのようにディフューザー設置を目指すのか? そして、防衛陣営はディフューザー設置をどうやって阻止するのか? 最後まで目が離せません!

 

注目ポイント
残り時間と防衛陣営の所持ガジェット
攻撃陣営のディフューザーの設置において重要なポイントとなるのが、残り時間と防衛陣営の所持するガジェットです。残り時間が短ければ短いほど、ディフューザー設置のチャンスは限られてしまいます。そして、防衛陣営は体を隠しながらもディフューザー設置を止めることができるC4爆弾やSMOKEのガスグレネードを使用し、設置の阻止を狙っていくことになります。終盤に余力を残した防衛陣を突破するシーンなどは、大きな盛り上がりを見せるシーンなので、ぜひ終盤の戦力把握ができるようになると、よりエキサイティングに試合を観戦できるでしょう。

 

↑残り26秒でディフューザー設置へ!

 

 

↑しかし、よく見ると防衛陣営はC4を3つも所有しています。攻撃陣営はディフューザー設置を通すことができるのか、防衛陣営はディフューザー設置を防ぐことができるのか目が離せません!

 

 

5、最後に
今回は『シージ』の観戦において基本的なポイントを紹介しました。『シージ』の盛り上がるポイントを覚えてもらえるとうれしいですね。


『シージ』に限らず、このようなeスポーツの観戦は様々な目的で見ることができます。好きなチームや選手がいるという応援を目的に見る人や、シージの試合を見るのが好きだからという娯楽として見る人、自分のプレイを上達させたいからといった学びのためなど、様々な目的があるかと思います。見始めたばかりの人にはまずは好きなチームや応援したくなる選手を見つけることをおすすめします。たまたま見たタイミングで凄いプレーをしていたというきっかけでも問題ないです。応援したくなる選手やチームができることでより熱を持って楽しむことができます。ぜひ選手の名前にも注目してシージ観戦をお楽しみください!