Rainbow Six Japan League 2022

PSG Esports

PROFILE

プロフィール

超大手チームPSG EsportsがまさかのRJL 2022に初参戦。
未知数の部分の多いPSG Esportsは果たしてどこまでRJL 2022を面白くしてくれるのか!




旧日本トップリーグR6 Pro League SeasonⅩ,Ⅺに出場しRJO Season1で優勝を果たした「YOSHIMOTO Gaming Lamy」がPSG Esportsとして日本トップリーグに復活。RJL制覇を狙う。


チームの特徴:長い時間をかけて培った連携で他のチームには真似できない緻密な戦術が特徴。


ファンの皆様へ:YOSHIMOTO Gaming Lamyのころから応援してくださっているファンの皆様いつも多大なるご声援をありがとうございます。RJL昇格戦では惜しくも敗れてしまいましたが、RJLに参加する権利をいただきPSG EsportsとしてRJL2022に参戦することとなりました。ビックネームを背負って更なる成長を遂げた姿を魅せれるように全力で挑みたいと思います。


TEAM公式アカウント

公式サイト

RJL 2022

  • 順位

    9

  • リーグポイント

    30

  • 勝敗

    10 - 17

  • 得失マップ

    10 - 17

    [ -7 ]

  • 取得ラウンド率

    45 %

  • KPR

    3.24

各項目の詳細

RATING

プレイヤーの総合的な評価指標。優秀なプレイを行うほど、この数値が高くなる。

K/D(+/-)

試合中でのキルした数からキルされた数を差し引いた数。

OPENING K/D(+/-)

試合の初めにキルした数から、試合の初めにキルされた数を差し引いた数。

KOST

0〜1の範囲をとり、1に近づくほど試合に貢献している。出場ラウンドの中で、「1回以上のキル」/「ディフューザー設置もしくはディフューザー解除」/「ラウンドで死なずに生き残る」/「味方のキルの囮になるデス」の4つの行動うち、いずれかに当てはまった行動を取ったラウンドではKOSTを1としてカウントする。

KPR

1Round中での平均キル数。

SRV

プレイヤーが各Roundの最後まで生き残った割合。

PLANT

プレイヤーが攻撃側の時にディフューザーを設置した数。

HS%

銃によるキルの中で、ヘッドショットでキルした数の割合。

ATK/DEF

選手が最も使用しているオペレーター。

MOST BAN OPERATORS

チームが最もBANしているオペレーター。

RATE

マップでの勝率。括弧内の数字はそのマップでプレイしたRound数を表す。

PICK

マップをPICKした数。

BAN

マップをBANした数。

LEAGUE POINT

勝利した場合は3点獲得。敗北した場合は0点獲得。但し、1マップ勝利した上で敗退した場合は1点獲得。

WIN – LOSE

勝利した試合数-敗北した試合数を表示。

得失マップ

勝利したマップ数-敗北したマップ数を表示。

取得ラウンド率

試合を行った全ラウンドの中での勝率を表示。

MEMBER

メンバー

  • Gazi

  • iZRO

  • Maou

  • Ocohl

  • ReMuSe

  • Rocon

ARTICLE

関連記事